Kuroyagi飼育日誌

学んだことの備忘録

秘密ポイント

空港散歩しまくってるんですが、フェンスに穴があるのを初めて知りました!笑

 

全然秘密ではないですけど…

 

f:id:cocosuzu:20180703074932j:image

 

 

f:id:cocosuzu:20180703074940j:image

 

写真撮るのにもってこいですね!

空港散歩

空港って楽しいですね。色んな人がいて飽きないです。それと共に、もう少し海外行く機会を増やそう!と思いました。

 

10時半頃搭乗なのに、シャトルバスやらの関係で6時に空港に着きました…これなら普通に電車で来ればよかった…。

 

それとオンラインチェックインって便利ですね!ペーパーチケット無くて済むのはとても楽です!

ラッキー

明日の早朝4時くらいに起きてリムジンバスで成田に行くつもりが、上司が大変だから前日入りしたら?と有難い提案をしてくれました!

 

ということで、最近お世話になりまくっているアパホテルに泊まることに。京成成田に向けてただいま移動中です。

 

こういう旅って忘れ物がないか凄く不安になりますが、最悪脳みそがあればなんとか仕事はこなせるので頭の中を整理しておきたいと思います(笑)

 

ところでただいま絶賛乗車中の小田急線で思うことが二つあります。

 

一つはロマンスカーの車種を示すホーム床の表示がとてつもなく分かりにくくなったことです!これって、黄色っぽいのと茶色が絶妙な色合いで区別がつきにくいです!そしてEXE10とかではなくEXEと書いてあってその下に10両とか書いてあるのですが、これってEXE10と書かれた切符を見たときに10が10両の意味だなという事を理解しないと床の表示は理解できないので、直感的に分かりにくい上に、外国人にはそのセンテンスが伝わらなければ理解できないと思います。こういうデザインって本当に大切で、これは色も含めて改悪だと思います。何がしたかったのか?目標が分かりやすさだったならとても酷い結果です。

 

こんなことにするならいっそのこと車種と号車番号が切符と同じ位置に書かれた四角を床に書いた方がまだ切符と見比べて分かりやすいのでは?と思うくらいです。

 

そして二つ目は何故床だけにしか書かないのか?という点です。床に書いてあるとその上に立つ人や荷物を置く人がいるので、そうなると床の表示は見え無くなります。もちろん、気を使ってその上に立たない、荷物を置かない人が多いと信じたいのですが割とそうでない人をよく見かけます。そういった人にはよく考えた方がいいのでは?と思うのですが、世の中には何も気にしていない人も一定数いるのは事実。謂わばヒューマンエラーを避けられないのと一緒で、それなら仕組みを変えましょうということで単純に上から看板吊るせばいいのです。

 

幸い新宿駅は天井から吊り下げられた液晶モニタに表示されるので、これを全駅でやって欲しいですね。

 

と、余計なことはこの辺にしてとりあえず電車でお昼寝します。

生存

最近忙しいと自分に言い訳して何もブログを更新しておりません。リハビリを兼ねて更新です。

 

一応バリバリ生きてます。

 

そして、7月第1週にオランダに出張してきます。仕事はもちろんのこと、出来れば隙を見て遊んできたいと思います!笑

Pythonの基本~csvファイルあれこれ~

csvファイルを読み込んでグラフを描いてみます。

続きを読む

かぶ

パルマ日本郵政キャピタル第三者割当て増資により連日ストップ高

 

PER30〜40と考えると、今から入るのは遅いので参加しません。一時期保有してたがそれはそれ。縁がなかったということです。

 

ただ、セルフストレージ業界にファンドの資金が流入するよい流れとなるので、まだ火のついていない本命のエリアリンクはまだ割安かな?こちらはもっているのでしばらく放置します。といっても、最近ちょろちょろ火は付いてました。その少し前で買い増しておいて良かったです。

 

ペッパーフードサービスは盛り返しそうなの感じですね。こちらは私の資金規模的にポートフォリオには再び組み入れられない株価です。短期間で伸びてくれてお世話になったのと、時々利用しているので一企業として頑張ってもらいたいところです。

広がる世界と微細化するグリッド

色々な技術やサービスが進化していますが、大きな流れとしてカバーする範囲が広く、そしてその分割は更に細かくという方向に進んでいる気がします。

 

例えばAmazonの販売網のパーソナライズ化や、ウーバーの配車システム、暗号通貨などを見てみると、今までは中央の大雑把な大規模システムでコンテンツやアイテムと集団単位での人との処理をしていた事が直接個人につながる傾向などです。

 

こういった観点で見てみると、従来のサービスなどでその取り組みをしていないものを考えてみると面白いかもしれません。