読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kuroyagi飼育日誌

学んだことの備忘録

服の一つの未来像

投資 経済

服って色々ありますね。

普段着、お洒落着、一張羅。

例えば同じ色のTシャツ半袖でも、袖の微妙な長さ、VネックorUネック、襟の深さ、丈の長さ、身幅。

シンプルなTシャツ半袖だけでも、様々な好みがあります。

気に入るものを見つけるのも大変ですが、いざ見つけたとしても、再び買いに行くとそのシリーズが無くなっていたりということもよくあります。

こういうことから考えると、そういうシンプルな服でも好みの要素を選べたらなと常々思います。おおよその要素が気に入っていても、少しの欠点で着なくなる服のどんなに多いことか。

特に私自身、身長がかなり高いので尚更探すのが大変です。

ということで、こういう不便を解決する方法として、ある程度のパターンから3Dプリンタのように服を気軽に作るサービスにはニーズが結構あるのではないかと思います。

例えるなら、ありし日のインナー王者のUNIQLOがカスタマイズ可能となったスタイル。

そのサービス自体で消費者には恩恵がありますし、それらのデータは服の根本的なマーケティング情報として販売出来るのではないでしょうか。

何より、こんなサービスあったら私自身嬉しいですし、服に大なり小なり興味ある人にとってはとても便利な存在になるのではと思います。